クレジットカード

【楽天ゴールドカード】へ切り替え。家族カードや固定費引き落とし切替などの注意点。

楽天ゴールドカード切り替え

こんにちは。

ろーれる(@Laurel_DKO0930)です。

私は楽天市場で年間数十万円買い物しています。

以前から【楽天ゴールドカード】に切り替えた方がお得だと分かっていましたが、ずっと一般カードのままでした。

9月に入り楽天ゴールドカード切り替えのキャンペーンが現れましたので、これを機に切り替えようと思います
楽天ゴールドカード切替キャンペーン

切り替えるにあたって、注意点などいくつか気づいたことがありましたので、記事にまとめました。

楽天ゴールドカードに切り替えるときの注意点
  • 固定経費の引き落としなど切り替え手続が必要なサービスがある。楽天モバイルは手続が必要!
  • 一般カードでマイナポイント申し込みしている場合は、ポイントを獲得するまでゴールドカードへの切り替えを控える
  • 家族間で楽天ポイントを共有したい場合は、家族カード(年会費550円)を発行する

楽天ゴールドカードの基本情報と楽天SPUについて

楽天ゴールドカードの基本情報

楽天ゴールドカードの基本情報です。

楽天ゴールドカード

年会費:2,200円(税込) 家族カード:550円(税込)

楽天SPUでポイント獲得が5倍になる(一般の楽天カードに比べると+2倍)

還元率:1%(100円で1楽天ポイント)

ETCカード年会費550円が無料

国内空港ラウンジが年間2回無料

楽天ゴールドカードにはいろいろと特典がありますが、何と言っても最大の特典は楽天SPUでポイント獲得が5倍になることでしょう。

ETCカードの年会費については楽天の上級会員になれば無料になりますし、空港ラウンジの使用回数も年間2回までと他の特典は正直言ってビミョー…

楽天ゴールドカードと楽天SPUについて

楽天SPUSuper Point Up Program)とは、楽天グループのサービス利用条件をクリアするごとに、楽天市場でのお買い物で獲得できるポイントが最大16倍まで増えるプログラムです。

サービスポイント獲得倍率達成条件
楽天モバイル+1倍楽天モバイルの契約
楽天ひかり+1倍楽天ひかりの契約
楽天カード+2倍楽天カードを利用して楽天市場で買い物
楽天プレミアムカード・ゴールドカードさらに+2倍楽天プレミアムカード・ゴールドカードを利用して楽天市場で買い物
楽天銀行+楽天カード+1倍楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に指定
楽天の保険+楽天カード+1倍「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払い
楽天でんき+0.5倍楽天でんきの契約
楽天証券+1倍楽天証券で投資信託に月1回500円以上のポイント投資
楽天トラベル+1倍楽天トラベルで月1回5,000円以上の予約
楽天市場アプリ+0.5倍楽天市場アプリでの買い物
楽天ブックス+0.5倍楽天ブックスで月1回1注文1,000円以上買い物
楽天Kobo+0.5倍電子書籍を月1回1注文1,000円以上買い物
楽天Pasha+0.5倍楽天Pasha「トクダネ」対象商品購入&レシート申請で合計100ポイント以上獲得
Rakuten Fashion+0.5倍月1回以上の買い物
楽天TV・NBA Rakuten+1倍楽天TV「Rakuten パ・リーグ Special」もしくはNBA Rakutenに加入
楽天ビューティ+1倍月1回3,000円以上利用

楽天会員が楽天市場で買い物をすると基本の還元率は1%です。

それが16倍になるということは、還元率が16%になるということです。

10,000円の商品を購入した場合、1,600円もポイント還元されることになります

楽天市場での買い物を楽天カードで決済すると+2倍(=3%)のポイント還元になりますが、楽天プレミアムカードと楽天ゴールドカードで決済するとさらに+2倍(合計で5%)の還元になります。

楽天ゴールドカードの年会費は税込で2,200円ですので、楽天市場で年間110,000円以上の買い物をする人は一般カードよりも楽天ゴールドカードを作る方がオトクになる計算です。

楽天プレミアムカードの年会費は11,000円ですが、楽天SPUのポイント還元率は楽天ゴールドカードと同じです。

楽天SPUの倍率アップだけが目的ならば、プレミアムカードよりゴールドカードを作る方がいいですね

楽天ゴールドカードのキャンペーン

一般の楽天カードはポイントサイトで好条件の案件があったり、楽天独自の入会キャンペーンをやったりしていることが多いのですが、楽天ゴールドカードの入会キャンペーンはあまり行われていません。

現在は9月10月11月生まれの会員限定で、ゴールドカード切り替えキャンペーンが行われています。

楽天ゴールドカード切替キャンペーン

1,500ポイントとあまり高額とは言えないキャンペーンですが、もらえるだけでもありがたいので、ぜひ乗ろうと思っています。

楽天ゴールドカードをオトクに作りたい場合は、まずポイントサイト経由で一般カードを作成し、その後でゴールドカードに切り替える、という方法が良いと思います

楽天ゴールドカードに切り替えるにあたっての注意点

すぐにでも楽天ゴールドカードに切り替えたいところですが、いくつか注意点があります。

公共料金などの固定経費の支払い変更手続について

一般カードから楽天ゴールドカードに切り替える場合、一般カードとは別のクレジットカードを新たに発行するということになります。

つまりクレジットカードの番号も変更されます

一般の楽天カードで公共料金などの固定費を支払っていた場合、支払方法変更の手続が必要になるサービスがありますので注意してください。

支払方法が自動で更新されるため、変更手続が不要なサービスは下記の通りです。

 変更手続が不要なサービス一覧
電気会社ガス会社水道携帯・新聞保険
東京電力東京ガス東京都水道局NTTドコモ三井ダイレクト損害保険
関西電力大阪ガス大阪市水道局au ※2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
中部電力東邦ガスSoftbank ※3セゾン自動車火災保険
東北電力西部ガスY!モバイルアメリカンホーム医療・損害保険
北陸電力静岡ガス読売新聞メディケア生命保険
九州電力岡山ガス朝日新聞住宅金融支援機構
中国電力ENEOS都市ガスアクサダイレクト生命保険
四国電力 ※1エース損害保険
北海道電力アクサ損害保険
沖縄電力オリックス生命保険
ENEOSでんきチューリヒ保険
三井住友海上火災保険

※1 楽天カードのHPでは「中部電力」が2つ記載されているが、1つは「四国電力」の間違いか?
※2 楽天カードのブランドがJCBの場合は手続が必要
※3 切り替えのタイミングによって当月分の支払いのみ手続が必要になる場合がある

表には記載されていませんが、楽天でんきは支払方法変更の手続は必要ありません。

楽天でんきは楽天市場で「通常使うカード」で決済されますが、切り替えた楽天ゴールドカードは「通常使うカード」に自動で設定されます。

楽天証券で投信積立を楽天カードで決済している場合も、自動でゴールドカードに切り替わりますので手続は不要です。

要注意なのは、楽天モバイルについては支払方法変更の手続が必要な点です。

楽天グループのサービスでも手続が必要なものがありますので注意してください

一般の楽天カードでマイナポイントに申し込んでいる場合

2020年9月1日よりマイナポイント制度がスタートしました。

マイナポイント対象還元対象の例(総務省マイナポイントのHPより)

マイナポイントで申し込んだ決済方法は変更できません。

一般の楽天カードでマイナポイントを申し込んでいる場合、ポイントを受け取る前にカードを切り替えてしまうとポイントが貰えない可能性もあります。

20,000円の決済をして、ポイントが獲得できたのを確認してからカードを切り替えるようにしましょう

 

マイナポイントの申込については、こちらの記事を参照してください。

マイナンバーカード
【還元率25%】マイナンバーカードを作成してマイナポイントに申し込む方法。マイナンバーカードを作成して、マイナポイントを予約・申込した体験談です。マイナンバーカードの発行まではスムーズに進んだのですが…。...

楽天ゴールドカードで家族カードを作るべきなのかどうか

楽天ゴールドカードの家族カードは年会費が550円かかります。

家族カードを作成するメリットとしては、次の3つが挙げられます。

  1. 家族会員も空港のラウンジを利用できる(年間2回まで)
  2. 家族カードも楽天SPUの特典対象になる
  3. 家族で楽天ポイントを共有できる

※家族カードではETCカードを発行できません。

家族カードの年会費を払うなら、一般カードを発行したほうが良くない?

という疑問は当然出てきますね。

空港ラウンジの利用は年間2回までですし、家族カード利用の獲得ポイントは本人カードのポイントとして加算されるので家族カードが楽天SPUの特典対象になるとしてもほとんどメリットがありません。

楽天ゴールドの家族カードを作るかどうかの判断は楽天ポイントを家族間で共有したいかどうかに尽きると思います。

楽天ポイントは本カード会員と家族カード会員の間で共有することができます。

家族で楽天ポイントを共有

我が家は「公営ギャンブルの入出金」という姑息な手段を使って、夫婦で年間20,000ポイント以上貯めていますので、ポイント共有はしておきたいんですよね。

会費550円はもったいないですが、家族カードは作成しようと思います。

 

公営ギャンブルでの楽天ポイントの貯め方についてはこちらの記事を参照してください。

楽天公営ギャンブル
【楽天銀行ハッピープログラム】公営ギャンブルで楽天ポイントが年間10,000ポイント以上貯まる公営ギャンブルで楽天ポイントを稼ぐ方法の解説です。...

まとめ

我が家はマイナポイントに楽天カードを登録していますので、ポイントを獲得したタイミングで楽天ゴールドカードに切り替えるつもりです。

楽天モバイルの料金やNHKの受信料などの固定費は支払い変更の手続が必要です。

家族カードも年会費がもったいないですが、発行しようと思います。

楽天ゴールドカードへの切り替えじたいは簡単なのですが、確認してみると細かな注意点がいろいろあることに気づきました。

切り替えを検討されている方は、見落としがないように切り替え手続をしてください。

楽天ゴールドカードに切り替える際の注意点
  • 固定経費の支払変更手続が必要かどうか確認が必要
  • 楽天カードをマイナポイントに登録している場合は、ポイントを獲得してから切り替える
  • 家族間で楽天ポイントを共有したい場合は家族カードを発行する

ABOUT ME
ろーれる
ろーれる
うどん県出身。京都在住。 映画会社に勤めています。一児の父。 映画やドラマ、旅行やお気に入りの物などについていろいろ書いていきたいと思っています。
RELATED POST