恋愛・青春

ネタバレなし映画レビュー『泣きたい私は猫をかぶる』(泣き猫) 飼い猫に手を噛まれる?

泣きたい私は猫をかぶる レビュー
Netflix独占配信アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』を観ました

こんにちは。

猫大好きなのに猫アレルギーのろーれる(@Laurel_DKO0930)です。

2020年6月18日からNetflixで独占配信が始まった『泣きたい私は猫をかぶる』を観ました。

中学生の女の子が猫に変身し、片思いの男子に近づいたり、本当の自分を見つけたり、「飼い猫に手を噛まれ」たりする青春ファンタジー作品です。

  • 青春×猫の名作
  • 背景などのディテールが凄いし、共感を呼ぶ
  • タイトルからエンディングまで褒めるところしかない

概要 〜どんな映画?〜

タイトル泣きたい私は猫をかぶる
監督佐藤順一 柴山智隆
脚本岡田麿里
出演志田未来 花江夏樹 寿美菜子 山寺宏一
上映時間104分
配信日2020年6月18日
観賞劇場・媒体Netflix独占配信

この映画は劇場公開用の映画として製作されましたが、コロナの影響で劇場公開は断念し、Netflix独占配信になりました。

ウィットのきいたタイトルや声優陣の素晴らしい演技、細部まで描き込まれたアニメーションは、素晴らしいの一言です。

マジで観ないと損するよ!

簡単なあらすじ

中学生と猫の青春ファンタジー。

佐々木美代(ささき・みよ)は底抜けに明るい超不思議少女。

不思議ちゃんすぎて、クラスメイトからはムゲ(=「無限大謎人間」の略)と呼ばれている。

クラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)に恋をするムゲは、毎日熱烈にアタックするが全く相手にされない。

夏祭の夜、ムゲは猫のお面を売っている不思議な屋台を見つける。

そのお面を被ると、ムゲは猫に変身することができた。

猫の姿になったムゲは、猫好きの日之出のもとへと通うようになる。

普段はつれない日之出だが、猫の姿なら優しくしてくれる…。

周囲からは天真爛漫な性格だと思われているムゲだったが、内面では両親の離婚や継母との関係性などで色々悩んでいた。

「このまま猫でいた方が幸せかも」と思い始めたムゲは、本当に人間の姿に戻れなくなってしまう。

ムゲは自分を取り戻すために、「猫島」と呼ばれる猫の世界へと向かう。

登場人物

ムゲ(志田未来)

中学生の女の子。

スーパー不思議少女で、「無限大謎人間」略して「ムゲ」とクラスメイトから呼ばれています。

底抜けに明るい性格です。

熱烈に片思いをしている日之出に、越中詩郎ばりのヒップアタックをぶちかますという爆弾少女ぶりを発揮したりします。

しかしその内面は実はすごくナイーブです。

両親が離婚したこと(しかも実母はかなりややこしい人間です)に、ムゲは深く傷ついています。
そんな寂しさを誤魔化すためにわざと天真爛漫に振る舞っているのでした。

猫になる能力を手に入れたムゲは、日之出のもとに猫の姿で通うようになります。

猫の姿だったら、自分の気持ちを日之出に素直に伝えられるムゲ。

もちろん猫なのでその言葉は日之出には伝わりません。

猫でいることが心地よくなるにつれ、ムゲは人間に戻ることができなくなっていきます。

日之出(花江夏樹)

ムゲのクラスメイトの男子。

陶芸家である祖父に憧れて、自分も陶芸への道を進みたいと思っています。

他人を思いやることができる優しい性格の持ち主ですが、素直に自分の気持ちを伝えることができない性格です。

普段はクールを装っていますが、やはり色々思い悩む年頃です。

毎晩のように訪ねてくる猫(=ムゲ)に対してだけは、自分の気持ちを素直に伝えることができます。

猫との時間の中で自問自答し、ウザいと思っていたムゲに実は元気づけられていたことを悟ります。

深瀬(寿美奈子)

ムゲの小学生からの友人。

両親の離婚が原因でクラスメイトからイジメられているムゲに寄り添い、親友になります。

ムゲのことを本当に大切に思っていて、失恋するくらいなら日之出のことを諦めて欲しいと本気でお願いしたりします。

余計なお世話感もありますが、心底友情からの発言なので、嫌味な感じは全くありません。

この子もかわいすぎますわ

猫店主(山寺宏一)

通称「お面屋」。

でっかい猫の姿をしています。

猫になれるお面をムゲに渡した張本人です。

猫のお面の代わりに、ムゲから人間のお面を奪い取ります。

人間のお面と姿を失ったムゲは、自分を取り戻すために冒険に出ます。

猫店主の動機はよくわかりませんが、物語の最大にして唯一の悪役です。

レビュー

ムゲが好きすぎる

個人的に大ヒットだったのが、ムゲの部屋に飾られている絵本たちでした。

『いやいやえん』『ぐりとぐら』『おおきなおおきなおいも』『ねないこだれだ』『こんとあき』など。

これ全部うちの奥さんと娘が好きな絵本なんですよ!

そんなん知らんがなと思われるでしょうが、子どもの想像力をどこまでも広げてくれる名作絵本ばかりなんですよ。

そんな絵本を中学生になっても、大事に部屋に飾っているムゲってどんな性格の女の子だと思いますか?

私は自分の奥さんや娘をイメージしますけど、こんな女の子を好きにならない方が無理だと思います。


見かけは明るく振る舞っているムゲですが、それは心の傷の裏返しでもあります。

小学生のとき両親が離婚し、母親が家を出ました。

今は父と、父の婚約相手と3人で暮らしています。

父の婚約相手のことは嫌いではありませんが、優しい言葉のありもしない裏を読み取ってしまった傷ついたりします。

自分を捨てて出て行った母も、父との復縁を勝手に主張してムゲの心をかき乱します。

ムゲは周囲に気を遣わせないように明るく振る舞いますが、内心では人一倍傷ついています。

「猫になって嫌なことから逃げたい」というムゲの気持ちにものすごく共感できるんですよね。

主人公にここまで共感できる物語が面白くないはずないですよ。

志田未来が天才すぎる

リアルな演技と声の演技って全然違いますよね。

かなりうまい俳優さんが声優をやったとき「なにこれ?」と思ったことはありませんか?

あまりアニメを観ていない自分でも、そんな違和感を覚えた作品は一つや二つではありません。

それだけにこの映画の志田未来さんの天才ぶりはすごいです。

全く違和感がないどころか、ムゲという繊細な性格の女の子を完璧に演じ切っています。

『君の名は』の上白石萌音さんもめちゃくちゃ上手いと思いましたが、志田未来さんは神レベルではないかと思いました

猫×青春の金字塔 『猫の恩返し』を超えてしまったかも

猫と青春もの(そんなジャンルがあるのか分かりませんが)といえば、やはりスタジオジブリの名作アニメ『猫の恩返し』だと思います。

  • 気ままな猫に憧れた少女が本当に猫化してしまい、人間に戻れなくなる
  • 元の姿に戻るため(=本当の自分を探すため)に行動する

など『泣きたい私は猫をかぶる』と『猫の恩返し』は類似点も多いです。

『猫の恩返し』の主人公ハルは自分の意思というより半ば強引に猫の国へ連れ去られますが、ムゲは自分の意思で猫の世界へと出かけます。

ハルもじゅうぶん魅力的な主人公なんですが、少し消極的というか…。

ムゲは傷つきながらも、自分の意思で前へ前へと進もうとする行動力に溢れています。

そんなムゲを支える周りの人(猫)物たちも『猫の恩返し』より、魅力的なキャラクターが多いんですよね。

それぞれの人物たちのサブストーリーもしっかりしており、主人公であるムゲのために配置された人物という感じがしません。

彼らも自分たちの人生をきちんと歩んでいて、その途中でムゲに出会い、互いに影響し合っていくという関係性です。

『猫の恩返し』は大好きな映画で今でもよく見返すんですが、個人的には『泣きたい私は猫をかぶる』の方が上位に来たかもしれません。

猫の描写については、『猫の恩返し』の方が好きですが。

結局は好みの問題なんですけどね


まとめ

ここ最近は幸いにも良い映画しか観てないにも関わらず、その中でも群を抜いているかもしれない面白さでした。

Netflixでしか観られない映画ですが、月額800円〜の動画サイトで配信しても良いの?って心配してしまうくらい高レベルな作品です。

『泣きたい私は猫をかぶる』というタイトルのセンスの良さから、エンドロール中に流れる後日談まで、最初から最後まで夢中になって鑑賞しました。

この映画のまとめ
  • Netflix独占配信作品だけど観ないと絶対損する名作
  • 青春×猫という甘酸っぱさ満載の作品
  • 人物造形が素晴らしくて共感しまくり

ABOUT ME
ろーれる
ろーれる
うどん県出身。京都在住。 映画会社に勤めています。一児の父。 映画やドラマ、旅行やお気に入りの物などについていろいろ書いていきたいと思っています。
RELATED POST