書評【時代劇ベスト100+50(春日太一)】お気に入りの時代劇が必ず見つかります

時代劇ベスト100+50

こんにちは。ろーれる (@Laurel_DKO0930)でござる。

春日太一さんの新著『時代劇ベスト100+50』を読みました。

2014年に刊行された新書『時代劇ベスト100』に50作品を追加し、名作時代劇150作を紹介した文庫本です。

この本でお気に入りの時代劇に出会えること間違いなしです!
  • 映画好きな人
  • 時代劇に興味はあるけど、何から観れば良いのか分からない人
  • Amazonプライムで最近の作品は見尽くした人、何を観ればいいか分からない人

にオススメの本です。

時代劇の辞書としても使えます。


どんな本? 〜概要〜

『時代劇入門ベスト100+50』は2020年6月に光文社「知恵の森文庫」から刊行されました。

本文のページ数は319ページです。

作品をネット検索しながら読んでいくと、読了まで5〜6時間掛かりました。

一つの時代劇につき見開き2ページで、年代順に作品のあらすじや俳優の芝居など見所を紹介しています。

本の目次

新書版はじめに

第一章 これだけは押さえておきたい50本

第二章 隠れた名作65本

第三章 個人的な趣味で選んだ35本

文庫版あとがき

索引(五十音順)

著者:春日太一さんプロフィール

春日太一(かすが・たいち)

1977年生まれ。映画史・時代劇研究家。日本大学大学院博士後期課程終了。

著書『時代劇入門』、『天才 勝新太郎』、『時代劇は死なず! 完全版 京都太秦の「職人」たち』、『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』など

春日さんは2020年3月に『時代劇入門』という本も出版されています。

時代劇を敬遠しがちな人たちに向けて、作品の魅力を分かりやすく面白く解説した名著です。

『時代劇入門』もオススメします。

春日太一「時代劇入門」
『時代劇入門』(春日太一) 時代劇はファンタジー?食わず嫌いはもったいない春日太一さんの『時代劇入門』を読みました。 時代劇の魅力・面白さを解説した新書です。 「時代劇はファンタジー」という斬新な解...

『時代劇ベスト100+50』 〜書評〜

圧倒的な物量 映画・ドラマ150作品

紹介している作品数はタイトル通り150作品

しかも「150作」と言っても、大河ドラマやテレビシリーズのように何十話もある作品も「1作」と数えています。

普通の人がこの量の作品を観賞することはまず無理でしょう

当たり前ですが、ただ単に観賞した150作を紹介しているのではなく、膨大な量の作品から150作を厳選しています。

これだけの作品を観た上で書いているのだから、そりゃ説得力ありますよね。

本編よりも面白い?作品の魅力を十二分に伝える文体

紹介文がとにかく熱くて面白いです。

リアリティのある筆力で、本当に本編映画を観ているかのような臨場感があります。

紹介文によっては、映画やドラマそのものより面白いかも?

その作品を「観てみたい!」と思わせてくれる文章です。

『切腹』(1962)の紹介文より引用

ほとんど口と表情を動かすことなく台詞を言う脱力した芝居で、感情のない冷血漢を不気味に演じていた三國。一方、仲代は絶えず明るい表情で三國に語りかける。その関係性が、時を経るに従い変化していく。

観たいと思った作品は、仲代達矢さんと三國連太郎さんの出演作が多かったです

アクションものの解説などを読んでいると、春日さんが「時代劇はファンタジー」(『時代劇入門』より)だと評価する理由がよくわかります。

剣豪同士の果し合いなどは、スターウォーズやガンダムの戦闘シーンと同じ世界観で繰り広げられていると思います。

扱う作品の制作年代とジャンル

『時代劇ベスト100+50』で紹介されているのは、戦後から21世紀初めまでの作品です。

2010年以降に制作された作品で本書で扱われているのは、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙ーサイレンスー』(2016)など3本だけです。

戦前の作品まで含めてしまうと、紹介する作品の量は膨大になってしまいますし、読者も「気軽に観てみよう」という気持ちが無くなってしまうでしょう。

また『るろうに剣心』などの作品は、「読者に時代劇を知ってもらう」という本書の趣旨からも外れるのだと思います。

ちなみにアニメ版の『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚ー 追憶編』は150作に入っています

扱われているジャンルも、アクション残酷もの文芸もの人情もの痛快ものポルノ、と多岐に渡っています。

いろんなジャンルの作品が載っていますので、必ずお気に入りの作品が見つかると思います。

※誰でも知っているような『水戸黄門』『暴れん坊将軍』などの作品は掲載されていません。

索引がうれしい!

巻末の索引にはDVD・BD化情報だけでなく、AmazonやHuluなどのネット配信の情報も掲載されています。

映画をネット配信で観ることが多いので、この索引は本当に便利です!

紹介だけしておいてあとは読者任せではなく、本当にその作品を観てほしいという気持ちが伝わってきますね。

2020年4〜5月はコロナの自粛期間ということもあってAmazonPrimeで無料で観られる作品が多かったのですが、今は無料視聴作品は少なめです。

また配信されることもあると思いますので、定期的にチェックしてみてください。

まとめ

春日さんの膨大な知識量の一端に触れられる本でした。

この本がきっかけで、時代劇を観る人が増えてくれたら良いなと思います。

見開き2ページで一つの作品紹介が完結している構成なので、どこからでも読み始めることができます。

まずは「タイトルを聞いたことがある」作品だけ読んでみる、という使い方もできると思います。

この本のまとめ
  • 実際に映画を観ているかのような臨場感あふれる本
  • 作品の見所を適切に解説
  • 巻末の索引が便利でうれしい

ABOUT ME
ろーれる
ろーれる
うどん県出身。京都在住。 映画会社に勤めています。一児の父。 映画やドラマ、旅行やお気に入りの物などについていろいろ書いていきたいと思っています。
RELATED POST